HOME > ダイヤモンド買取の査定基準について

ダイヤモンド買取の査定基準について

ダイヤモンド買取はユーズ田辺店にお任せ下さい。

 

当社の専門家が正確で迅速な対応を致します。鑑定士が常駐しているので鑑定書、保証書がなくても大丈夫です。

他店で納得のいく金額が出なかったダイヤモンドリングや、ほとんど評価されないメレーダイヤ(小さなダイヤ)まで価値に見合った適正な評価を致します。

是非一度、お気軽に査定・お問い合わせ下さいませ。
 

ダイヤモンドの評価方法

ダイヤモンドの4Cとは

 

ダイヤモンドの評価は「カラット」「カラー」「クラリティ」「カット」の4Cと呼ばれるグレードに基づき買取価格を算出致します。

ルース(裸石)やリングにセットされているもの、また、鑑定書がないものでも当社の専門家がグレーディングをして、適正な評価を致します。

 

 

4Cについて

カラット - Carat -

カラットは重さを表す単位で、1カラット=0.2グラムです。 一概には言えませんが、カラット数が大きくなる程、希少性があがり1カラットあたりの価格も上がります。 また、ダイヤモンドは重量と同時に、大きさ(直径)なども重視されます。

キャラットについて

カラー - Color -

ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついているものがほとんどで、無色透明なものほど高く評価されます。アルファベットのDからZまで23段階に等級付けされ、Zに近づくほど黄色みを帯びてきます。 無色透明にに近ければ近いほど希少価値が高く、評価も高くなります。

ダイヤモンドのカラーについて

クラリティ ‐ Clarity ‐

ダイアモンドを10倍ルーペにて拡大して検査し、インクルージョン(内包物)の有無、位置、大きさ、性質、数、色などを総合的に判断してクラリティの評価を行います。クラリティの評価はFL(フローレス)を最高に、肉眼でインクルージョンが確認できるI3まで11段階で評価します。

ダイヤモンドのインクルージョン

カット - Cut -

カットはダイヤモンドの美しさに人間が関与できる唯一の要素です。 プロポーション(サイズと角度の関係)とフィニッシュ(対称性や研磨などの仕上げ状態)により、[ EXCELLENT ] [ VERYGOOD ] [ GOOD ] [ FAIR ] [ POOR ]の5段階に評価されます。

ダイヤモンドのカットについて